☆ランキング参加中☆

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

お金について

【第10話】お金をお得に貯める方法

こんにちは、不燃ごみ(@miiiiiiriiiim)です。

いきなりですが、お金を貯めるために必要なことってなんでしょうか。

おそらく支出を減らすための節約であったり、収入を増やすために給料のいい会社や副業を考える方が多いと思います。

収入を増やす際に給料が良い会社を選ぶのは当然のことかと思いますが、実はもう一つ会社を選ぶときに重要なポイントがあったんです。

今日はそんなお話をしたいと思います。

この記事はこんな人に役立つかも!!
  • 会社選びで迷っている方
  • 仕事の負担を減らしたい方
  • 福利厚生をあまり重視していない方
不燃ごみ

見ていきますよ~!!

福利厚生って知ってますか?

はい、そんな会社選びで重要なポイントは【福利厚生】です。

簡単に言えば会社が従業員の方に簡単に辞められないように、また意欲的に仕事に励んでもらうためにその個人及び家族に提供する制度やサービスのことですね。

こちらは会社ごとに全然違ってくるので、全員が共通しているということはないと思います。

皆さんはご自身の会社にある福利厚生を知っていますか?

「知ってるよ~」という方、さすがマネリテが高いですね。

ではそのすべての制度を把握して活用しているでしょうか?

福利厚生には我々のほうから特に何もしなくても受けられるものも多くありますが、中にはこちらから申請しないと受けられないものもあります。

それではどんなものがあるか見ていきましょう!!

福利厚生の種類

ここではどういった種類の福利厚生があるか、大きく3つに分けて紹介したいと思います。

①休暇に関して

まず一つ目は皆さんが最も重視するものですね。

こちらは代表的なものだと有給休暇などが挙げられるかと思いますが、取得できる日数でも会社によって全く違いますよね。

私が勤務している会社では非常に寛容で、有給取得率を高くすることを会社が公言しております。

そのおかげで、特に理由を言わずとも休みを取ることができますね。

大体1年間で20‐30日くらい取れているイメージです。

また、何かイベントがあった際に取得できる特別休暇というのもあって入籍した際の結婚休暇や、40歳や50歳など特定の年齢に達した際の休暇を定めている企業もあります。

私も結婚した際は1週間有給とは別に休暇をいただきました。

それから誕生日にお休みを頂けるバースデー休暇が取得できる企業もあるみたいです。

あとは育児をする際や介護をする際の休暇も、別途申請して取れるところもありますよね。

このように制度をしっかり把握していれば、休暇をたくさん取得でき疑似サイドFIREができるのでぜひとも確認したいところです。

お金に関して

2つ目も重要な部分ですよね。

まず挙げられるのが、通勤手当や単身赴任手当だったり社宅制度というものですね。

こちらは通勤されている方や単身赴任されてる方への帰省代などを、会社が支給してくれるというものです。

こちらはありがたいですよね。

また、社宅制度と言って転勤が伴う仕事の方は社宅と言って、家賃の一部を会社が負担してくれるという神みたいな制度があります。

この負担額も会社によって様々なようですね。

あとは、結婚や出産、身内が亡くなられたりした際にお祝い、お見舞い金を支給する企業もあります。

こういったイベントでは色々お金がかかることも多いので、助かる方も多いのではないのでしょうか。

それから、転勤を伴う仕事の方は寒冷地手当など、珍しいものも中にはあるようです。

最後は、財形貯蓄や持株会、保険などの制度などですね。

こういったものを利用するとお得にお金を貯めることができるため、利用しない手はないですね!!

持ち株制度に関してはこちらで詳しく紹介しています。

③自己研鑽に関して

3つ目は自己研鑽に関するものです。

こちらは資格やセミナーなどへの参加代を、会社が負担してくれるものですね。

特に業務にかかわる資格を取った際は、報奨金を出す企業もあるみたいですよ。

資格も取れてお金も貰えるなんて最高じゃないですか!!

こちらもぜひとも活用したいですね。

Sponsored Links

福利厚生が与える影響

ここまでどのような福利厚生があるか見てきましたが、それらの制度が資産形成にどのような影響を及ぼすか考えていきましょう。

また、具体的な話をしようとすると細かく福利厚生を理解していないといけませんので、今回は私が利用している制度に基づいてご紹介しようと思います。

休暇に関して

はい、私の昨年2020年の休暇日数は大体150日ほどでした。

会社が土日、祝日休みでお盆や年末年始は会社休暇もあるのでそれらで130日ほどでしょうか。

また、有給休暇を月に2回ほど取っていたので、150日くらいになりました。

まず、1年365日ある中の150日の休暇って、おおよそ3日に1日は休みってことになりますよね。

この時点でもうサイドFIREなのでは?!

また、ざっくり230日の労働で手取りの400万円を割ると日給約17,000円となります。

それを有給休暇にかけると17,000×25=425,000円!!!

42万5千円の不労所得!!

そう、年間で実はこれほどの不労所得を得ていることになるんです。

私の配当の額より全然多いですね、はい。笑

お金に関して

続いてお金に関してですね。

私は営業職なので社宅制度を利用することができます。

大体家賃の7‐8割を会社が負担してくれる神仕様です。

現在は額にして月に10万ほど会社に出していただいているので、年間120万円の節約、もしくは手取りが増えていると言っても過言ではないですね。

まとめ

本日は福利厚生の種類と、それらが資産形成に及ぼす影響をご紹介しました。

私に関してはとんでもなく恩恵を受けていましたね。

年間約42万円の不労所得と120万円の節約を実現しているとは思ってもみませんでした。

あと3日に1日も休んでるとは。。。

皆さんもぜひ会社にある制度を見直して、活用できるものはどんどん利用していきましょう!!

今日話した内容

  • 福利厚生って知ってますか?
  • 福利厚生の種類
    ・休暇に関して
    ・お金に関して
    ・自己研鑽に関して
  • 福利厚生が与える影響
    ・休暇に関して
    ・お金に関して

今日のアニメ

今日はちょっとド定番のやつ紹介してもいい??

見ていて清々しかったアニメなんだけど。

ソース画像を表示
©2019 秋/KADOKAWA/Demon King Academy

引用元:魔王学院の不適合者 ~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~ 第13話「世界が愛に満ちるように」 アニメ/動画 – ニコニコ動画 (nicovideo.jp)

アノス様あああああ!!

ということで今日は【魔王学院の不適合者~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~】を紹介するよ~

といってもタイトルで大体予想はつくというか、そのまんまだよね。笑

勇者にも勝つくらい強かった魔王が、転生して学園生活で無双する話だよ。

出た出た、俺TUEEEEアニメね。はいはい。

って思ったそこのあなた!!

その通りだよ!!(素直)

でもね、私これはアニメする前から漫画のアプリで読んでたけどめちゃくちゃ面白くて、アニメも見ようと思ったんだよね。

とりあえずぶっ飛んでるの1枚出そっか?

って思ったけど画像が見当たらなかったから、主人公のセリフだけ持ってくるね。

「たかだか心臓を潰したぐらいで俺が死ぬとでも思ったか?」

ん??

「殺したぐらいで、俺が死ぬとでも思ったか?」

んんん??

普通死にますよねお兄さん。。

てな感じで無双具合が振り切ってんの。

ここまでくるとなんか清々しいよほんと!!

後の目玉はこの双子の姉妹かな~

ソース画像を表示
©2019 秋/KADOKAWA/Demon King Academy

引用元:「魔王学院の不適合者」第4話の先行カットが到着。ミーシャが15歳の誕生日に消失!?(画像18/18) | WebNewtype

あああああ!!!(語彙力喪失)

右っ側が気の強いお姉ちゃんの【サーシャ・ネクロン】で

左っ側が大人しい妹の【ミーシャ・ネクロン】。

双子で性格の違いもお決まりのキャラなんだけど、それでもやっぱりかわいいよ。

うんうん。

小説家になろうデビューの作品らしいけど私は好きだったなあ。

努力して強くなっていくNARUTOみたいなのも好きだけど、圧倒的な個の力で蹂躙するアニメも見ていて気持ちいからね。

投資においても圧倒的な入金力がものをいうマネーゲームだから。。。

福利厚生はなんとしても活用しないとね!!
無理やり話繋げにいったな

2期も今年やるみたいだから、ぜひともチェックだ!!

【魔王学院の不適合者~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~】アマプラやネットフリックス、U-NEXT見れるみたいだよ~

清々しい強さ度:★★★★★

ではでは今日はこの辺で。。。

レッツFIRE転生!!

ABOUT ME
不燃ごみ
28歳の会社員です。夫婦でFIRE転生するために資産運用していく日常をブログにアップしていきます。アニメ、旅行、カラオケが大好きです。 サイドFIRE(セミリタイア)するために意識していることや実践していることに加え、アニメの紹介を書いています。

☆ランキング参加中☆

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

☆こっちも参加中☆


米国株ランキング