☆ランキング参加中☆

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

FIREに関して

【第44話】投資を始めたきっかけ

こんにちは、不燃ごみ(@miiiiiiriiiim)です。

さっそくですが皆さんが投資をされたきっかけってなんでしょうか?

老後が心配だからとか早期リタイヤしたいから、マイホームを買いたいからなどなど様々な理由があると思います。

本日は私が投資に出会ったエピソードをご紹介したいと思います。

この記事はこんな人に役立つかも!!
  • 投資のきっかけを知りたい人
  • 誰かに投資を勧めたい人

それでは見ていきましょ~

謎の金持ちお爺ちゃん

はい、私の家族が裕福ではなかったことは以前の記事でご紹介しました。

見てない方はこちらを先に読まれた方が話が分かりやすいかもです。

こんな私でしたが年に1度のお年玉の時期は結構潤っていました。

というのも、父方のお爺ちゃんが毎年すんごい額をくれてたんです。

最初は5,000円くらいから始まったと思いますが、年齢を重ねるにつれてどんどん額は上がっていき1万円、2万円、大学生の頃には3万円も貰っていました。

当時の私からしたら大金です。

他の親族からもお年玉はいただいていましたが、最高でも1万円でこれが普通なんだろうなと思っていました。

また、金持ちお爺ちゃんと会う日は正月に父方の家族と集まるのですが、その日はお爺ちゃんが高級な牛肉やフグ、カニなどを毎年買ってきてくれていたので非常に楽しみな日々でもありました。

更に付け加えると、車の免許取得代30万円ほどもお爺ちゃんがポンと出してくれた記憶があります。

で、大学生のある日ふと疑問になるわけですよ。

ちょうどネットワークビジネスに引っかかったあとくらいですね。

これも重要なお話なので、まだの方はぜひどうぞ。

(なんでお爺ちゃんこんなお金持ってるん?)

関西生まれの私、気になっちゃいました。

両親の話によるとお爺ちゃんは床屋で働いているようで、私も幼少期はよく髪を切ってもらっていたようです。

そうするとますます気になる訳ですよ。

(床屋ってそんな儲かるん?)

はい、積極的な私、この情報のせいで一時期の夢が美容師でした(影響されやすい)

そんなこんなでググってみると理容師の平均年収は約376万円とのこと。

ということは恐らく違いますね。

それだけの年収であんなにポンポンお金を出せるわけありません。

ということで私、気になりすぎてお爺ちゃんに連絡してみたんですね(お金に貪欲)

今振り返ってみると、そこが人生のターニングポイントでした。

お爺ちゃんの裏の顔が発覚!?

はい、そんなわけで金持ちお爺ちゃんに連絡をした私です。

『なんでお爺ちゃんそんなお金持ってるん?』

あー、直球ですね~

Mr.大谷もびっくりの剛速球です。

まだまだ学生なんで礼儀も何もありません。

そんな私にお爺ちゃんはこう言ったんですよね。

「気になるんならうちきーや」

いや~まさか家に行かないといけないとは。

私基本的に親戚とあんまり仲が良いわけじゃないんですよ。

人見知りなんでね。

電話だけでも精一杯だったのに、まさかお家にお邪魔しないといけないとは夢にも思いませんでした。

ただ、こんなところで引き下がる私じゃありません。

お金持ちのヒントが目の前に転がっているんですからね。

返事一つで家に向かいました。

で、初めてお爺ちゃんの家に行ったのですが、大阪市内の高層マンションに住んでましたよ。

すごすぎる。。。

それから色々世間話をした後に、パソコンを見せてくれました。

あれは証券会社のマイページでしたね。

当時の私は何も知らなかったので、(ほえ~)って気持ちにしかならなかったのですが、今思うとすんごい運用額でしたし運用益が出ていた気がします。

軽く8,000万ほどはあったんじゃないでしょうか。

当時の年齢は忘れてしまいましたが、それでも8年くらい前の話です。

お爺ちゃんはもう70歳は超えていると思いますが、それでその額は十分すぎますよね。

むしろ余るんじゃないかと思うくらいです。

また、その他にも大阪市内に不動産を何軒か持っていて、それでも収入を得ているみたいなんですよね。

もうなんだか別世界の話を聞いてるようでした。

それからお爺ちゃんが社会人になってすぐ株式投資を始めたこと、長期で持っていれば儲かること、買うときは震災や世界でショックが起きたときなどなど、様々な目から鱗な話をたくさん聞き私は家に帰りました。

帰り道、すごい胸の高鳴りでワクワクしていたことを今でも覚えています。

あんな世界があったのかと。

そこで私は思ったんですよね。

(自分も投資で貧乏から脱出しよう)と!!

そして

(なんで親は投資やってへんねん)と!!

Sponsored Links

考えが変わった私

はい、それからというもの私は投資に関する本を読んだり、Twitterをやったりと情報収集をしつつバイトでお金を貯め始めました。

そして貯まったのが100万円。

お年玉もなるべく使わないようにしてました。

そのお金を使って大学生ながらにして投資を始めたわけであります。

実はそれが今も運用報告で紹介しているSBI証券のお金なんですよね。

今では150万ほどでそんなに大きく増えてはいませんが、損をしていないだけマシだと思いたいところです。

また、入金力を増やすために大学院に進学するのはやめて、すぐに就活を始めました。

その業種も高給なメーカーの営業ですね。

なるべく大手に就職できるよう努力した結果、なんとか上場企業に入社することが出来ました。

このように就職活動を頑張れたのも投資のおかげなんですね~

ほんと金持ちお爺ちゃんには感謝しかありません。

まあ社会人になってからは失敗の連続だったんですけど。。。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

本日は私が投資に出会ったきっかけの内容をお話させていただきました。

この奇跡ともいえる出会いは本当に幸運だったと思います。

皆さん出会い方は違えど、同じ目的を持った仲間としてこれからも資産形成頑張っていきましょうね。

今日話した内容

  • 謎の金持ちお爺ちゃん
  • お爺ちゃんの裏の顔が発覚!?
  • 考えが変わった話

今日のアニメ

いや~親族で投資やってたのお爺ちゃん含めて2人だけだよ。

母方は誰もやってなかったしなあ。

親族内でもそういう話ってあんまり出てこないから、ほんともっとお金の教育したほうが良いと思いまーす先生ーーー!!

まあ連絡してよかったね、ほんと。

あの瞬間でだいぶ未来書き換えられたと思うもん。


ってことで今日紹介したいアニメはね~実はもう決まってんだよね。

ソース画像を表示
© 奥浩哉・講談社/アニメ「いぬやしき」製作委員会

引用元:いぬやしきの映画、アニメのキャストを紹介!実写キャストのはまり度や反響は? (frequ.jp)

【いぬやしき】

お爺ちゃんが主役のアニメキターーーーーー!!

いやね、みんなもう気付いてるでしょ?

私が可愛い以外で紹介するアニメって、純粋に面白いやつばっかりって。

今回のこれもかなり楽しめるよ!!

なんたって原作はあの『GANTZ』書いてた奥浩哉さんの漫画なんだからね~

全部で11話なんだけど、最後まで飽きることなく見続けられるね。

内容的には宇宙人の事故に巻き込まれて1度死んじゃった主人公(犬屋敷さん)と、高校生の2人が宇宙人にサイボーグ化されて甦させられるんだけどね。

主人公は58歳だけどすごい老けて見られてて、正義感は強いんだけど内向的で家族からは鬱陶しがられてて、定年間近で何のために生きてるんだろう~ってなってる感じ。

一方で高校生のほうは仲間には優しいけど、それ以外には無関心な今どきの子って感じだね~

そんな2人がサイボーグになったらどうなってしまったか。

主人公は「人を助けることで生を実感する男」になって

高校生は「人を殺すことで生を実感する男」になっちゃうんだよ。

そうするとさ、自然にバトルする流れになるんだけど。

主人公はやっぱり誰かの役に立ちたいって気持ちが強かったんだろうね。

誰にも求められないのって多分生きてて一番つらいだろうし。

んで、高校生だけど、始まりは幼馴染みをイジメてた人に仕返ししてたんだけど、それがエスカレートして関係ない人たちを沢山手にかけるんだね。

© 奥浩哉・講談社/アニメ「いぬやしき」製作委員会

引用元:アニメ版「いぬやしき」を見た感想 (generation73.xyz)

こんな感じでバトルも迫力あるから面白いよ~

それからね、見どころと言えばやっぱり所々感情移入しちゃって泣けるところだね。

やっぱりさ、お爺ちゃんというか自分の父親くらいの人が精一杯頑張ってるのってなんか見てて感動しない?

思春期の頃はさ、鬱陶しいなあなんて思ってた時期もあったけど大人になったらやっぱり親ってすごいなあって思うもんね。

そんな健気さが主人公から伝わってくるよ。

ラストシーンはめちゃくちゃ衝撃を受けたからぜひとも見てほしいなあ。

【いぬやしき】アマプラやNetFlixで見れるよ!!

父の日に何かしたくなる度:★★★★★★★★★★

ではでは今日もこの辺で。。。

レッツFIRE転生!!

ABOUT ME
不燃ごみ
28歳の会社員です。夫婦でFIRE転生するために資産運用していく日常をブログにアップしていきます。アニメ、旅行、カラオケが大好きです。 サイドFIRE(セミリタイア)するために意識していることや実践していることに加え、アニメの紹介を書いています。

☆ランキング参加中☆

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

☆こっちも参加中☆


米国株ランキング